Certifyed Nurse認定看護師のご紹介

認定看護師とは

認定看護師とは、特定の看護分野において、熟練した看護の技術や知識を用いて水準の高い看護を実践のできる看護師を増やすことを目的に日本看護協会が行っている、認定看護師認定審査に合格した看護師のことを指します。
認定看護師になった者は、水準の高い看護実践を行うのはもちろん、看護師に対する指導・相談活動を行います

当院の有資格者一覧

分野名人数
集中ケア認定看護師 2名
慢性心不全看護認定看護師 1名

当院の認定看護師のご紹介

集中ケア認定看護師

(社)日本看護協会認定重症集中ケア認定看護師

認定看護師は特定の看護分野において、3つの役割を果たします。

  • 1. 個人、家族及び集団に対して熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。(実践)
  • 2. 看護実践を通して看護職にた対し指導を行う。(指導)
  • 3. 看護職に対しコンサルテーションを行う。(相談)

とされています。偉そうな事が書かれていますが、少しでも皆様のお役に立てればと活動しています。
活動内容は、アンケートを実施し、勉強会の内容を決めて、コメディカル対象の勉強会をしています。
また、近年注目されてきている、集中治療後症候群(PICS)に対し、HCU入室患者・家族の訪問を行い、PICS・PICS-Fの実際をリサーチしています。今後PICS・PICS-Fの介入が出来るように準備しています。

集中ケア認定看護師

HCUには主に重症症例や心臓血管外科術後の患者さんが入室されます、患者様の病状悪化を回避し、合併症等の二次障害の予防や早期リハビリテーションなどの早期回復支援における実践に取り組んでいます。また、集中治療室は医療機材等が多く、特殊な環境でもあるため、患者さんの苦痛や不安が強くならず過ごせるよう、心がけています。
最近は、HCU退室後訪問を開始し、HCU入室中のみでなくHCU退室後の患者・家族様の状態把握について調査しケア介入について活動を始めています。院内研修の講師を担当し、スタッフが学びたいこと、循環器専門病院に必要な知識等について勉強会を行なっています。

慢性心不全看護認定看護師

(社)日本看護協会認定慢性心不全看護認定看護師

心不全は増悪要因や症候が多彩で進行性のため、日常に様々な制限や苦痛を認めます。
急性期・安定期・人生の最終段階と最期まで続く心不全人生を、病棟・外来関係なく地域も含めて多職種で支援する必要があり、
当院の心不全チームは、患者さん・御家族による疾病管理や、再入院・重症回避のための早期受診・対応方法など個別性を検討し、再入院の低減に繋がっています。
最近は①社会の高齢化に伴い、高齢心不全患者が急増、②心不全経験のない初発心不全患者が重症化した状態で受診、治療が難渋し入院が長期化する傾向にあるため、心不全を呈す前からのシームレスな病診連携、急性期対応・急変予防、緩和ケアの向上にも努めています。

看護部をもっと知る

  • Workplace
    働く職場のご紹介
  • Education and training system
    教育・研修制度
  • ntroduction of accredited nurse
    認定看護師のご紹介
  • Senior voice
    先輩の声
  • Nursing department seen by numbers
    数字で見る看護部
  • Welfare, FAQ, Scholarship Program
    福利厚生よくある質問

Shall we work together?

心臓血管研究所付属病院で
一緒に働きませんか!?

まずは、病院見学や資料請求からでも大丈夫!!
ぜひ、一度お問い合わせください。

各種お問い合わせやご相談は
お気軽にご連絡ください

当院が現在募集している募集要項は
こちらからご確認いただけます。

新卒・既卒問わず募集しております。