Introduction of
workplace研修・教育制度のご紹介

一人前の主体性を持った看護師の育成を目指して

当院では、教育研修制度や新人教育はもちろん
職員研修や勉強会などを通じて新人やステップアップを目指すナースの育成を行っております。

当院の教育プログラム

  • 当院の教育目標は「一人前の主体性を持った看護師の育成」です。
  • 教育の原点は人間愛です。
  • 人間はアメとムチを使わないと管理できない存在ととらえるのではなく、いい環境を作れば自ずと成長する存在ととらえています。
  • 内発的な動機付けを重視することで、周囲の条件が整わなくても主体的に行動する人間が育成されると考えています。

新人教育について

年間計画
  • 1ヶ月目

    病院システム・日勤業務の把握ができる

  • 2ヶ月目

    休日業務の把握ができる

  • 3ヶ月目

    夜勤業務の経験・自立

  • 4ヶ月目

    病態生理の理解とケアの根拠を把握する。年間目標の調整。

  • 5ヶ月目

    年間目標に向けて行動する

  • 6ヶ月目

    振り返りを行う

教育指針

STEP0

基本的姿勢

  • ・社会人、組織陣、専門職業人として、職場に適応できる。
  • ・正確かつ安全に看護実践。

STEP1

病院システム
日勤業務の把握ができる

  • ・新人各期評価表に沿って自己の能力を評価する。
  • ・クリティカルパスにおいて必要とされる知識を理解する。
  • ・安全管理、倫理の視点を持って看護にあたる。
  • ・専門能力の向上を意識する。
  • ・循環器疾患についての専門的知識を「知識チェック」を参考に得ている。

STEP2

夜勤業務の経験と自立

  • ・各種マニュアル、ガイドラインの存在を理解する。
  • ・患者の権利、人間としての尊厳とは何かを考えている。
  • ・自己の能力を認識するために自己評価を行っている。
  • ・患者にとって現在必要な看護が何かを考え、他所に伝えることができる。
  • ・患者に必要なコミュニケーション方法をしっかり考えることができる。
  • ・患者に留置されている各種ライン類を把握し、適切に管理することができる。
  • ・薬剤投与指示は複雑、煩雑である特徴を理解し、エラーを防ぐ為の行動が取れる。
  • ・患者の看護を円滑に実施するため、必要時には適切に他スタッフへ業務委託を行うことができる
  • ・心肺蘇生の技術、知識を持っている。
  • ・院内コードブルーマニュアルの存在を知り、急変時はマニュアルに沿った行動ができる。
  • ・ACS患者の看護ができる。
  • ・予定手術患者の術前、術後2日目以降の看護ができる。
  • ・軽度、中等度の心不全患者の看護ができる。
  • ・不整脈患者の看護ができる。

STEP3

ケアの裏付けと
病態理解をする

  • ・「年間計画」「手技チェックリスト」に基づき専門知識を深めている
  • ・病棟患者に行われている治療を理解し、予測される合併症・機能障害を予防するために看護を展開できる
  • ・重症患者の苦痛を理解し、緩和するための看護を展開できる
  • ・マニュアル・ガイドラインなど、現在行っている看護に根拠を持っている
  • ・心肺蘇生法を正確に実施でき、コードブルーに沿った行動ができる
  • ・インシデントを回避するための行動をとり、安全管理のための思考を持っている
  • ・自分の担当患者のケア以外に、他のスタッフのケアを支援することができる
  • ・重症心不全患者の看護ができる
  • ・術後合併症を生じた患者の看護ができる
  • ・緊急入院患者の看護ができる
  • ・B型大動脈解離患者の看護ができる

STEP4

より専門的な視点で
看護実践できる

  • ・心不全 PJ 患者へ日常生活の自己管理の必要性
  • ・改善点を認識し、予防行動につながる関わりができる・死亡時の患者の処置方法の知識を持っている。
  • ・係、委員会活動を通して看護業務をより質の高いものにするための行動ができる。
  • ・教育的視点で後輩に関わることができる。
  • ・リーダーシップを発揮し、部署の目標達成に向け取り組むことができる。
  • ・急変患者に対応でき、適切な状況判断ができる。

STEP5

最終達成目標

  • ・マニュアル・ガイドライン等、根拠に基づいた実践を行う。
  • ・患者の権利及び人間としての尊厳を意識しケアを行う。
  • ・自己の責任と能力を認識し、実践した看護について責任を持つ。
  • ・循環器疾患を持つ患者に対し専門的知識に基づく判断を行ない、個別的なケアを実践する。
  • ・急性、慢性期、退院後の生活を視野に入れた看護を展開する。
  • ・患者にとって適切なコミュニケーションを理解し、対人関係技術によって信頼関係を築く。
  • ・患者に対する安全な看護とは何か理解し安全管理を行う。
  • ・重症患者、多数ルートを留置している患者・侵襲的治療中患者の安全を確保する。
  • ・他NS、医師、コメディカルスタッフとともに連携、協働し看護を提供する。
  • ・看護業務の質を評価し、質の向上にために取り組む。
  • ・常に個人の責任として能力の維持、開発に努める。
  • ・研究や実践を通して、専門的知識・技術の創造と開発に努める。

最終達成目標

当院では、プリセプターを中心に皆で指導します。1:1でのオリエンテーションは個人によって異なりますが、平均3ヶ月程度です。新卒看護師の場合は6ヶ月です。

その他研修
  • 現場研修

    現場研修

    検査部門、カテーテル室、手術室などの1日見学を行います。

  • 新人フォローアップ面接

    新人フォローアップ面接

    2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月で新人のフォローアップ面接を行います。

  • ナースセミナー

    ナースセミナー

    毎週(木)4月~8月、9月以降適宜病態生理の理解、機械類の取り扱い方、検査・治療の基礎知識などを学べるセミナーを開催しています。

現場研修 月単位での研修です。
配属病棟だけでは経験できないスキル獲得を目指します。
教育ローテーション 個人の課題に合わせてローテーションをします。
リーダー研修 2回/年
師長・主任合同研修 1回/年

看護部をもっと知る

  • Workplace
    働く職場のご紹介
  • Education and training system
    教育・研修制度
  • ntroduction of accredited nurse
    認定看護師のご紹介
  • Senior voice
    先輩の声
  • Nursing department seen by numbers
    数字で見る看護部
  • Welfare, FAQ, Scholarship Program
    福利厚生よくある質問

Shall we work together?

心臓血管研究所付属病院で
一緒に働きませんか!?

まずは、病院見学や資料請求からでも大丈夫!!
ぜひ、一度お問い合わせください。

各種お問い合わせやご相談は
お気軽にご連絡ください

当院が現在募集している募集要項は
こちらからご確認いただけます。

新卒・既卒問わず募集しております。